大野和士がなぜ津軽三味線!夏の第九Hiroshima2019 2つの三味線のための協奏曲

スポンサードリンク

大野和士がなぜ津軽三味線!夏の第九Hiroshima2019 2つの三味線のための協奏曲
「夏の第九 Hiroshima2019」
日 時 2019年8月1日(木) 18:45開演(18:00開場)
会 場 広島文化学園HBGホール
主 催 広島テレビ / 夏の第九 Hiroshima 実行委員会
出演者 指 揮:大野和士
    三味線:吉田兄弟
    管弦楽:バルセロナ交響楽団
    ソプラノ:ジェニファー・ウィルソン
    メゾ・ソプラノ:加納悦子
    テノール:デヴィッド・ポメロイ
    バス:妻屋秀和
    合唱:東京オペラシンガーズ
演奏曲目
【プログラム】
ファビア・サントコフスキー:2つの三味線のための協奏曲
(2019年5月バルセロナにて世界初演)

ベートーヴェン:交響曲第九番 ニ短調 Op.125「合唱付き」

入場料
【前売】
S席:15,000円(当日:18,000円)
A席:10,000円(当日:13,000円)
プレイガイド:エディオン広島本店 / チケットぴあ / ローソンチケット / イープラス

【会員割引】
「音和倶楽部」S席:10,000円 A席:7,000円
「未来シート」小中高大 A席:2,000円

「戦争は人の心にうまれるものであるから、戦争を防ぐためには人の心に平和のとりでを築かなければない」  (ユネスコ憲章前文より)

「NPO法人 音楽は平和を運ぶ」は、国境が無く、言語・宗教・民族の壁を乗り越え調和を生む音楽の持つ力を生かし、
演奏会などの音楽に関する事業を通して世界の平和に貢献することを目的として2014年に創立されました。

今後平和活動として広く音楽活動を支援してまいります。
演奏会の主催・共催を予定しておりますので、是非ご賛同いただきご来場賜りますようお願いいたします。

NPO法人 音楽は平和を運ぶ
http://music-peace.jp/index.html



コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)